2018年度大学別志願者数ランキングから紐解く〜有名私立大学は志願者数増加傾向!?〜

みなさん、こんにちは。

今回から不定期(週1くらい)で大学受験にまつわるニュースや記事を個人的な視点を含めて、覗いてみたいと思います。


私の簡単なプロフィールは、記事の最後に記載しておきますが、大学受験というものにかれこれ4年ほど関わり、今は企業経営に関わる仕事をしながら、このイクスタにも関わっています。

まだまだ不勉強な部分も多く偏った考えになることもあるかと思いますので、ぜひみなさんからの意見も含めて、いずれは議論できるような場になればと思っております。


本日は、東洋経済オンラインより「最新!「志願者数が多い大学」ランキング100」という記事から、現在の大学受験の実態を覗いてみたいと思います。


年々、上昇を続ける大学進学率は2018年度で57.9%に上っています。

(参考:2018年度の大学・短大進学率、57.9%で過去最高に/大学ジャーナルオンライン)

中でも近年志願者数が増加傾向にある私立大学。その原因として大きくあげられるのが文部科学省が打ち出した大都市圏の大学の合格者削減(定員に近づける)の施策。これによって、受験生は滑り止めとして受験校を増やす動きをとらざるを得ないという事象が起こっているようです。当然受験生の心理的には、これまでよりも合格者の母数が減るわけですから、1つでも多く受験をして、合格を勝ち取ろうとする動きは必然のように思えます。

ただその動きも少しずつ収束を見せており、早稲田大学でも新しく田中総長が就任し、就任時の記者会見で学生数の定員を減らす方針を見直す方向で検討していることを明かしました。

早稲田志望に朗報!もうこれ以上合格者が減ることはないかも!


ですが全体を見渡すと、有名私立大学の志願者数は軒並み増加しており、入試方法の多様化もあと押しをする形で競争の激化は続きそうだとの見込みです。とくに早慶の滑り止めとしてMARCH、MARCHの滑り止めとして日東駒専クラスの私立大学は幅があるものの増加しており、偏差値分布でいくと50〜60クラスのいわゆる中堅大学は大幅な上昇傾向にあります。


各大学、もちろん最終的な定員割れは避けたい一方で、上位大学で合格者が減れば必然的に今までワンランク上の大学に流れていた学生を確保できるチャンスでもあり、うまく大学の魅力を発信することができれば、それだけ優秀な学生を確保できるという見方もできるでしょう。その意味ではここ近年、毎年出願者ランキング1位に入っている近畿大学の取り組みは注目すべきですね。

今の時代学歴が全てではなくなってきていますし、社会人になってしまえばあまり関係ないのは周知の事実です。なので受験校の出願にあたっては、滑り止めの大学でもしっかり調査をして、その大学の強みや特徴を把握し、ユニークな取組や挑戦を応援しているような大学を選ぶことはすごく重要になっています。


ですが社会人の視点から見ても、確かに就職活動上では偏差値が高い大学にいけば行くほど、有名企業に入れる確率は高まることは紛れもない事実ですし、企業側から見ても国際競争力が激しくなっているだけにできるだけ優秀な学生を集めたい意向が年々高まっていることもあり、それであれば確率論で有名大学の学生にアプローチしていきたいのも事実です。

学歴フィルターをかけているとは言わないですが、やはり企業側の視点に立つと数万件の応募すべてに目は通せないので、学歴でみていくケースは致し方ないと思います。実際、某超有名企業の人事責任者と話していて、大学の名前だけで優秀か決めるわけではないけれど、優秀な学生の比率が多いのでやっぱり上から順番に見ていかざるを得ないという苦悩もあるようです。


そのあたりのバランスも見極めながら、単純に世間の流れで出願校を増やしたり、安直に志願者数が減っている大学を穴場だと思うことなく、一校一校丁寧に調べてみることをおすすめします。あくまでも事象として有名私立大学の志願者数が増えているだけなので、自分のやりたいことや行きたい大学への想いはぶらさずに貫くことをおすすめします。


執筆者プロフィール:中央大学卒業。大手予備校にて毎年50名近い受験生を担当し、難関国立大学から有名私立大学の合格をサポート。現在は企業経営に関わる仕事として新規事業や経営改革に関わる仕事をする一方で大学受験に関わる仕事もしています。


15人の 役に立った


学問、専門、職業について

大学受験をする意味がしっくりきていない受験生へ。現役大学生が語る大学受験の...
大学受験をする意味がしっくりきていない受験生へ。現役大学生が語る大学受験の意味8選
こんにちは!イクスタ編集部です。 イクスタは独学の大学受験生をサポートするメ...
こんにちは!イクスタ編集部です。 イクスタは独学の大学受験生をサポートするメディアです。この記事をお読みになっているということは、大学受験を始めようとしている、もしくは大学受験を始めたけ...
イクスタ編集部     131 役に立った 
     記事更新日 2019.11.29
大学を卒業してからが人生の本番。社会に出てから苦しまないために、いま夢を持て
大学を卒業してからが人生の本番。社会に出てから苦しまないために、いま夢を持て
受験生のみなさん、こんにちは。たーゆです。私は中堅県立高校から中央大学に進学したあ...
受験生のみなさん、こんにちは。たーゆです。私は中堅県立高校から中央大学に進学したあと、最難関と言われるあるシンクタンクに就職することが決まりました。少しでも参考にしてもらえることがあれば嬉しい...
たーゆ     39 役に立った 
     記事更新日 2019.11.29
私たちがいま大学に行く理由って?これから社会で目的意識を持ち続けることの重要さ
私たちがいま大学に行く理由って?これから社会で目的意識を持ち続けることの重要さ
受験生の皆さん、こんにちは!イクスタです! 「なぜ、大学に行く必要があるのか?...
受験生の皆さん、こんにちは!イクスタです! 「なぜ、大学に行く必要があるのか?」 大学受験を進めている受験生の皆さんは、受験勉強を始めてから一度はこの疑問を持ったこともあると思います。...
イクスタ編集部     2 役に立った 
     記事更新日 2019.11.29

今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めてい...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み...
どいまん     240 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「な...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思いま...
しゅーへい     310 役に立った 
     記事更新日 2019.11.18
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を...
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るた...
イクスタ編集部     149 役に立った 
     記事更新日 2019.12.6
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回紹介する勉強法で日本史センター30点から85点までアップさせま...
エース     74 役に立った 
     記事更新日 2019.9.17
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただ...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事な...
たまさん     113 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30